日本昆虫学会

若手奨励賞

昆虫学の発展に寄与する優れた研究を行い、将来の発展が期待される若手の会員を表彰しています。

詳細は、日本昆虫学会若手奨励賞選考細則 参照


(7) 2016年度

大庭 伸也
「タガメの採餌を巡る生態学的研究」


 (6) 2015年度

大島 一正
「ホストレースを用いた植食性昆虫の進化遺伝学的研究」



 (5) 2014年度

杉浦 真治
「種間相互作用に着目した昆虫の生態系機能の解明」




 (4) 2013年度

丸山宗利
「好蟻性昆虫とアリの多様性と進化」




 (3) 2012年度

上村佳孝
「昆虫の交尾器の進化・多様性機構に関する多面的研究」




 (2) 2011年度

徳田誠
「植食性昆虫の系統分類学および進化生態学的研究」




 (1) 2010年度

後藤慎介
「ハエ類の季節適応機構に関する研究」



← 昆虫学会ホ−ムペ−ジへ