日本昆虫学会

2004年度九州支部大会

日本昆虫学会九州支部第52回大会は2004年12月12日(日)に、日本鱗翅学会九州支部、および国際シンポジウム「熱帯アジア産昆虫類のイン ベントリー作成とネットワークの構築(TAIIV)」(科研費基盤研究、研究代表者矢田脩九州大学教授)と合同で九州大学国際研究交流プラザで開催され、 以下の2題の特別講演と11題の一般講演が行われた。

特別講演

  1. Richard I. Vane-Wright(The Natural History Museum,London. UK.): Conserving biodiversity: a structural challenge
  2. Campbell R. Smith (The Natural History Museum, London. UK.): Why are we studying Oriental Graphium?

一般講演(○は共同発表の講演者)

  1. ○尾田沙織(九大農昆虫)・多田内 修(九大院農昆虫):エサキムカシハナバチ(Hymenoptera : Colletidae)の生態学的知見
  2. 平野 聖(九大農昆虫):日本産ヒラセクモゾウムシ属の分類学的研究
  3. ○岡本智恵(九大農昆虫)・湯川淳一(九大):ヘクソカズラ(アカネ科)を寄主とするヒゲナガアラハダトビハムシ(コウチュウ目:ハムシ科)の生活史の推 定
  4. ○與那嶺 要(九大農昆虫)・湯川淳一(九大):ウリウロコタマバエの寄主範囲
  5. ○細谷忠嗣・荒谷邦雄(九大院比文)・近 雅博(滋賀県立大環境科学): Passalidae (Coleoptera) recorded from Crocker Range, Sabah, Malaysia
  6. ○小田切顕一・矢田 脩(九大院比文):Phylogenetic relationships and biogeography of the sari group of Old World Eurema (Lepidoptera; Pieridae) based on the mitochondrial COI and ND5 sequences
  7. ○大島康宏・矢田 脩(九大院比文):Higher-level classification of the tribe Limenitidini based on female genitalia
  8. ○馬田英典・矢田 脩(九大院比文):Phylogeny of the genus Chilasa (Lepidoptera: Papilionidae)
  9. ○岩崎浩明・矢田 脩(九大院比文):A provisional taxonomic review of the genus Cepora from Sulawesi region (Lepidoptera, Pieridae)
  10. 紙谷聡志(九大院農昆虫):レンゲ害虫の導入天敵の野外放飼後の分散に関するGISを用いたシミュレーション
  11. 樋口敏幸(九大院農昆虫):九州産Pagaronia属の分類学的研究
(九州支部幹事 荒谷 邦雄)