編集委員会


編集委員会名簿

編集委員会規程

英文誌「Entomological Science」編集部規則

和文誌「昆蟲(ニューシリーズ)」編集部規則


← 学会誌案内のページへ

← 各種委員会のペ−ジへ

← 昆虫学会ホ−ムペ−ジへ

2016〜2017年 編集委員会名簿

 編集委員長:戸田 正憲

 編集副委員長:大原 昌宏

 編集委員:大澤 直哉、大島 一正、陰山 大輔、木村 正人、中村 剛之、藤山 直之、吉澤 和徳


<英文誌「Entomological Science」編集部>

 編集長:戸田 正憲

 分野別編集長:大澤 直哉、陰山 大輔、木村 正人、吉澤 和徳

 編集専門委員:上村 佳孝、大島 一正、新谷 喜紀、都野 展子、三田 敏治、山中 明、吉富 博之 

 編集諮問委員:David A. Andow, James M. Carpenter, Jung-Tai Chao,

Sei-Woong Choi, Andrew J. Davis, David L. Denlinger, Jian-jun Gao,

Thomas J. Henry, Vojtech Novotny, Derek A. Roff, Aida H. Saulich,

David S. Saunders, Bradley J. Sinclair, 青木 重幸、秋元 信一、阿部 芳久、

市岡 孝朗、鎌田 直人、小島 純一、小島 弘昭、後藤 慎介、末吉 昌宏、曽田 貞滋、

東城 幸治、西田 隆義、沼田 英治、広渡 俊哉、前藤 薫、吉村 真由美

 編集庶務担当:稲荷 尚記

 

<和文誌「昆蟲(ニューシリーズ)」編集部>

 編集長:大原 昌宏

 副編集長:藤山 直之

 委員:大島一正、中村剛之

↑ページトップへ戻る

編集委員会規程


第1条
 1.日本昆虫学会編集委員会 (以下委員会と呼ぶ)は会則第 13条,および第 18条に則って編集委員長 (以下委員長と呼ぶ)と編集委員 (以下委員と呼ぶ)により構成され,会則第 3条 (2)に示された出版物のうち会誌の編集を担当する.ただし,各会誌の編集・出版の実務は本規程第 2条に規定する会誌の編集部に委任するものとする.
2.委員会に副委員長をおく.副委員長は委員の互選で選出し,委員長が不在もしくは事故ある時は,その代理を務めるものとする.
3.委員会は年 1回以上開くものとする.
4.委員は任期中に委員としての活動が維持出来なくなった場合は,すみやかに委員長に辞任を申し出るものとする.その際,委員長は委員の補充を行うことが できる.

(会誌)
第2条
会誌「Entomological Science」および「昆蟲 (ニューシリーズ)」の編集と出版の実務を行うために,委員会に英文誌編集部と和文誌編集部をおく.なお,各誌編集部の構成ならびに運営については,別に 定めるそれぞれの編集部規則による.

付則
 本規程は 2009年 1月 1日から施行する.
 2010年 9月 18日一部改正.

↑ページトップへ戻る

英文誌「Entomological Science」編集部規則

第1条

 1.日本昆虫学会編集委員会規程第2条に定める英文誌編集部の構成ならびに運営については,この規則の定めるところによる.

第2条(委員)

 1.英文誌編集部は1名または2名の編集長(Editor(s)-in-Chief),複数名の編集部委員(Associate Editors),ならびに複数名の編集諮問委員(Editorial Board Members)により構成される.ただし,必要があるときは編集長のもとに編集庶務担当(Editorial Assistant)をおくことができるものとする.

 2.日本昆虫学会編集委員長が編集長を兼ねる.編集委員長は,他の1名の編集長を編集委員の中から選ぶことができる.編集長の任期は日本昆虫学会編 集委員長の任期と同じとするが,就任の前年末までに当該任期中の英文誌編集部の構成員を確定しておくものとする.また,任期終了後も,次年度の Entomological Scienceの2号までの編集と出版に責任をもつものとする.

 3.編集部委員は日本昆虫学会会員から,編集諮問委員は日本昆虫学会の会員であるかどうかを問わずに国内外の研究者から,編集長(編集部交代時の次 期編集長を含む)の推薦に基づき,日本昆虫学会編集委員会で審議の上,評議員会の承認を経て編集長が委嘱する.編集部委員と編集諮問委員の任期は編集長と 同じとする.ただし,重任はさまたげない.

 4.編集部委員の互選により,1名の副編集長(Deputy Editor-in-Chief)をおく.副編集長は編集長が不在または事故ある時,その代理を務める.

第3条(編集業務)

 1.編集長は原稿の送付を受け,必要があれば編集部委員ならびに編集諮問委員と協議の上,2名以上のレフェリーを選定して原稿の査読を依頼する.

 2.原稿の採否は,レフェリーの意見を参考にして,編集長が決める.ただし,必要がある時は編集部委員もしくは編集諮問委員に意見を求めることがで きる.

 3.編集長が著者である等,1項・2項の任を果たすのに不適切な場合は,もう1名の編集長または副編集長がこの任にあたるものとする.

 4.その他の編集業務については出版社との契約の内容に従うものとする.

付則

 本規則は2009年1月1日から施行する.
  2011年9月16日一部改正.

↑ページトップへ戻る

和文誌「昆蟲(ニューシリーズ)」編集部規則

第1条

 1.日本昆虫学会編集委員会規程第2条に定める和文誌編集部の構成ならびに運営については,この規則の定めるところによる.

第2条(委員)

 1.和文誌編集部は,編集長と1名以上の編集部委員により構成される.ただし,必要があるときは編集長のもとに編集庶務担当をおくことができるもの とする.

 2.編集長は日本昆虫学会編集委員の中から同委員(同委員長を含む)の互選で選ぶ.編集長の任期は日本昆虫学会編集委員の任期と同じとする.ただ し,重任はさまたげない.

 3.編集部委員は,日本昆虫学会会員から,編集長の推薦に基づき,日本昆虫学会編集委員会で審議の上,評議員会の承認を経て編集長が委嘱する.その 任期は編集長と同じとする.

 4.編集部委員の互選により,1名の副編集長をおく.副編集長は編集長が不在または事故ある時,その代理を務める.

第3条(編集業務)

 1.編集長は論文およびその他の記事の原稿の送付を受ける.論文については,必要があれば和文誌編集部委員と協議の上,2名以上のレフェリーを選定 して原稿の査読を依頼する.

 2.原稿の採否は,レフェリーの意見を参考にして,編集長が決める.ただし,必要がある時は和文誌編集部委員に意見を求めることができる.

 3.編集長が著者である等,1項・2項の任を果たすのに不適切な場合は,副編集長がこの任にあたるものとする.

付則

 本規則は2009年1月1日から施行する.

↑ページトップへ戻る