日本昆虫学会

自然保護委員会

日本昆虫学会自然保護委員会は、1966年度春期評議員会の決定に基づいて設置され、昆虫を中心とした自然保護・生物多様性保全に関する 問題を審議し、 評議員会の承認を得ながらさまざまな活動を展開しています。

最近の主な活動

2015年6月
「熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書」への回答書を送付
2015年1月
「熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書」を経済産業省資源エネルギー庁長官、環境省自然環境局局長、農林水産省林野庁長官、文部科学省文化庁長官、JNC株式会社社長宛に日本鱗翅学会と共同で提出
2011年12月
与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書(防衛大臣、沖縄県知事、与那国町長宛)を防衛大臣、沖縄県知事、与那国町長に、 与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書(環境大臣宛)を環境大臣に、日本甲虫学会、日本鱗翅学会、日本昆虫分類学会、日本トンボ学会と共同で提出
2002年12月
環境大臣宛に「外国産昆虫の輸入に関わる外来種管理法の早期設置に向けての要望書」、農林水産大臣宛に「植物防疫法に基づく外国産昆虫の輸入規制緩和に対する要望書」、 経済産業大臣宛に「外国産昆虫の輸入および流通に関わる要望書」を 日本鞘翅学会、日本甲虫学会、日本 昆虫分類学会と共同で提出
2002年12月
「昆虫類の多様性保護のための重要地域 第3集」を発行
2002年9月
第62回大会(富山大学)において、本委員会主催シンポジウム「わが国における昆虫の外来種問題」を開催
2001年10月
「内大臣林道の大規模林道への変更に関わる要望書」を 林野庁、文化庁、環境省、熊本県、矢部町に提出
2001年9月
第61回大会シンポジウム「湿地性昆虫の現状と保護」を開催
2000年12月
「昆虫類の多様性保護のための重要地域 第2集」を発行
2000年9月
第60回大会シンポジウム「昆虫類の多様性保護のための東日本の重要地域-現状と保護-」を開催
1999年10月
「鯵ヶ沢スキー場拡張計画に係る要望」を青森県に提出
1999年9月
第59回大会シンポジウム「昆虫類の多様性保護のための西日本の重要地域-現状と保護-」を開催
1999年3月
「昆虫類の多様性保護のための重要地域 第1集」を発行
1998年10月
第58回大会シンポジウム「都市近郊の昆虫の多様性」を開催
1997年10月
第57回大会小集会「里山の昆虫の過去・現在・未来」を開催
1997年3月
「日本の絶滅のおそれのある野生生物-レッドデータブック-」の昆虫類リストについての見直し作業を本委員会が窓口 になって 行い環境庁((財)自然環境研究センター)に答申

出版物

「昆虫類の多様性保護のための重要地域」第1集を1999年3月に、第2集を2000年12月に、第3集を 2002年12月にそれぞれ刊行した。 第3集は、巻末に第1~3集に掲載した地域と昆虫の総索引をつけた。

同出版物の購入希望者は、送付先住所、氏名、購入希望(第1集、第2集、第3集の別と購入部数)を明記し、 下記宛に代金(送料込み各1部2,000円)を振り込んでください。

  • 郵便振替(個人)
    小樽02740-7-26468 (自然保護委員会刊行会)
  • 銀行振込(公費)
    北海道銀行札幌駅北口支店 普通152-0823293 (自然保護委員会刊行会 代表 大原昌宏)

お知らせ

委員会組織(2017-2018年)

自然保護委員長
荒谷邦雄(九州大学大学院)
自然保護委員
(北海道) 大原昌宏  (北海道大学総合博物館)
(東 北) 三田村敏正 (福島県農業総合センター)
(関 東) 矢後勝也  (東京大学総合研究博物館)
(東 海) 山岸健三  (名城大学農学部)
(信 越) 東城幸治  (信州大学理学部)
(近 畿) 松本 吏樹郎  (大阪市立自然史博物館昆虫研究室)
(中 国) 林 成多  ((財)ホシザキグリーン財団)
(四 国) 吉冨博之  (愛媛大学農学部)
(九 州) 大庭伸也  (長崎大学教育学部)