第60回大会

近隣地域の水害にめげず無事終了.本頁は予告案内用の文書です.


1.会場

名古屋女子大学(名古屋市瑞穂区汐路町3-40)

2.日程

2000年9月15日(金)〜17日(日)

3.参加申込

大会参加費の納入をもって参加申込に代えさせていただきます.必ずお一人ごとに別添(昆蟲 N.S., 3(1) 綴じ込み)の振替用紙により,6月15日までにご送金下さい.

4.会費

大会参加費5,000円(学生4,000円)(6月15日以降は各1,000円増し)懇親会費7,000円(同伴者は無料)(6月15日以降は1,000円増し)

なお,納入された大会参加費は,参加を取り消されても返却はできません.ただし,懇親会への参加を取り消される場合は,8月30日までに書面でご連絡いただければ懇親会費を返却いたします.

5.講演申込

講演・発表は,2000年度の会費納入者に限ります.非会員で講演をご希望の方は,入会手続きをして下さい.一般講演またはポスター発表ご希望の方は,別添講演申込用紙および講演要旨シート(昆蟲 N.S., 3(1) 綴じ込み)に必要事項をご記入の上,それぞれコピー2部を添えて2000年6月15日(必着)までに大会事務局にお送り下さい.
講演要旨は縮小してそのままオフセット印刷しますので,必ず別添の用紙の枠内に収まるよう,黒のペンで記入するか,ワープロなどでプリントアウトしたものを貼り付けて下さい.用紙のます目にこだわらなくても結構ですが,文字数は600字以内とします.書き損じは白い紙を貼るか,修正液等で訂正して下さい.

6.発表部門

一般講演およびポスター発表の部門は,下記の中から選び,アルファベットを講演申込用紙(昆蟲 N.S., 3(1) 綴じ込み)の該当欄にご記入下さい.

8.座長

本大会では,発表終了者に次の講演の座長をお願いします.なお,午前および午後の最初の講演の座長は大会事務局で準備いたします.

9.小集会等

任意の形式の集会を,大会第2日と第3日の一般講演終了後に開くことが出来ます.時間は1集会あたり2時間を限度とします.開催を希望されるグループは,世話人を決めて6月15日までに申し込んで下さい.申込書には,世話人の氏名および連絡先,集会名,講演者氏名と演題,予想参加人数,OHP使用の有無など,必要事項をご記入のうえ,講演要旨(一般講演と同じ用紙を使用)を添えて大会事務局まで郵送して下さい.

10.宿泊・交通

宿泊の斡旋および交通手段の手配は,大会事務局では行いませんが,一括して名鉄観光サービス(株)八事支店に依頼しております.斡旋を希望する方は,申込用紙(昆蟲 N.S., 3(1) 綴じ込み)を必ずご利用下さい.

11.その他

1)シンポジウム仮題「日本の生物相の母体としての中国大陸」を計画しています.また,自然保護委員会主催のシンポジウム「昆虫類の多様性保護のための東日本の重要地域現状と保護」も開催されます.
2)大会プログラムは7月下旬に発送の予定です.
3)会場周辺には飲食店が少なく,日祝日は閉店が多いので,当日インフォメーションデスクで弁当を注文されるようお勧めします.
4)大会に参加せず,講演要旨のみ入手を希望される方は,一部あたり送料も含めて2,500円を別添の振替用紙(昆蟲 N.S., 3(1) 綴じ込み)で6月30日までに送金して下さい.大会終了後お送りします.
5)非会員で講演を希望される方は,下記の学会事務センターの日本昆虫学会係にその旨をご連絡下されば,入会申込書とともに講演申込書,講演要旨用紙等をお送りします.
〒113-0021東京都文京区本駒込5-16-9
(財)日本学会事務センター日本昆虫学会係
6)その他大会に関するお問い合わせ,ご連絡は下記事務局宛になるべくファックスまたはeメールでお願いします.

12.大会事務局

日本昆虫学会第60回大会事務局
大会会長:佐藤正孝,事務局長:八田耕吉
〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 名古屋女子大学大学院生活学研究科
Tel&Fax. 052-852-9775(佐藤) Tel. 052-852-9449(八田)
e-mail: hatta@nagoya-wu.ac.jp(八田)


→ 追加情報のペ−ジへ
← 大会のペ−ジへ
← 昆虫学会ホ−ムペ−ジへ