日本昆虫学会の紹介


日本昆虫学会(The Entomological Society of Japan)は、昆虫学の進歩・普及を図ることを目的として、1917年東京帝国大学第2学生集会所において「東京昆蟲学会」として創立されました。1935年には、「日本昆蟲学会」と改称されました。
日本を代表する昆虫学の学会として関連学会と連携を保ちつつ、多岐にわたる活動を展開しています。

→ 会則等

沿革

1917(大6)年 3月10日,東京帝国大学第2学生集会所において「東京昆蟲学会」を創立.
1921(大10)年 会則を改訂,会長を設置.
1926(大15)年 会報「昆蟲」を発刊.
1928(昭3)年 会則を大幅に改訂,評議員会の設置.
1935(昭10)年 「日本昆蟲学会(The Entomological Society of Nippon)」と改称.
(英語表記は1949年から“The Entomological Society of Japan”を使用)
1936(昭11)年 9月27日,東京科学博物館(現国立科学博物館)で第1回大会を開催.
1938(昭13)年 「日本応用昆蟲学会」が設立され,実質上,日本昆蟲学会の応用分野が独立.
1944(昭19)年 配給統制下「昆蟲」16巻3/4号が発行されたが,ほとんど会員の手に渡らずに散逸.
1945(昭20)年 5月24〜26日,製本まで完成していた「昆蟲」17巻1号が空襲で灰燼に帰す.
1949(昭24)年 「昆蟲」が復刊,新しい17巻1号が発行.
1949(昭24)〜53年 北海道,東北,関東,信越,東海,近畿,中国,四国,九州の各支部結成.
1957(昭32)年 創立40周年を記念して記念大会,記念展覧会,「昆蟲」総目録の刊行,「昆蟲」16巻3/4号の復刻,会章制定などの記念事 業を行 う.
1966(昭41)年 自然保護昆虫委員会が発足.
(1969年,自然保護委員会として再発足)
1973(昭48)年 学会基金の設立が決定.
(1976年から基金による研究支援を開始)
1980(昭55)年 8月3日〜9日京都国際会館および周辺施設において第16回国際昆虫学会議(International Congress ofEntomology; ICE)が開催.
1980(昭55)年 ICIPE(国際昆虫生理生態学センター)協会に加入.
1988(昭63)年 日本応用動物昆虫学会より合併についての申し入れ.
(1995年,両学会の合併は不成立)

会員構成

(2016年12月31日現在)
名誉会員
11
一般正会員
848
学生正会員
176
海外正会員
16
団体会員
37
賛助会員
3
寄贈会員
3
合計

1,094

→ 日本昆虫学会名誉会員名簿
→ 日本昆虫学会役員名簿
→ 日本昆虫学会80年のあゆみ
→ 日本昆虫学会の歴史(学会長・大会長)

← 昆虫学会ホ−ムペ−ジへ