日本昆虫学会

日本昆虫学会の紹介

日本昆虫学会(The Entomological Society of Japan)は、昆虫学の進歩・普及を図ることを目的として、 1917年東京帝国大学第2学生集会所において「東京昆蟲学会」として創立されました。1935年には、「日本昆蟲学会」と改称されました。 日本を代表する昆虫学の学会として関連学会と連携を保ちつつ、多岐にわたる活動を展開しています。

沿革

1917(大6)年 3月10日,東京帝国大学第2学生集会所において「東京昆蟲学会」を創立.
1921(大10)年 会則を改訂,会長を設置.
1926(大15)年 会報「昆蟲」を発刊.
1928(昭3)年 会則を大幅に改訂,評議員会の設置.
1935(昭10)年 「日本昆蟲学会(The Entomological Society of Nippon)」と改称.
(英語表記は1949年から“The Entomological Society of Japan”を使用)
1936(昭11)年 9月27日,東京科学博物館(現国立科学博物館)で第1回大会を開催.
1938(昭13)年 「日本応用昆蟲学会」が設立され,実質上,日本昆蟲学会の応用分野が独立.
1944(昭19)年 配給統制下「昆蟲」16巻3/4号が発行されたが,ほとんど会員の手に渡らずに散逸.
1945(昭20)年 5月24~26日,製本まで完成していた「昆蟲」17巻1号が空襲で灰燼に帰す.
1949(昭24)年 「昆蟲」が復刊,新しい17巻1号が発行.
1949(昭24)~53年 北海道,東北,関東,信越,東海,近畿,中国,四国,九州の各支部結成.
1957(昭32)年 創立40周年を記念して記念大会,記念展覧会,「昆蟲」総目録の刊行,「昆蟲」16巻3/4号の復刻,会章制定などの記念事業を行う.
1966(昭41)年 自然保護昆虫委員会が発足.
(1969年,自然保護委員会として再発足)
1973(昭48)年 学会基金の設立が決定.
(1976年から基金による研究支援を開始)
1980(昭55)年 8月3日~9日京都国際会館および周辺施設において第16回国際昆虫学会議(International Congress of Entomology; ICE)が開催.
1980(昭55)年 ICIPE(国際昆虫生理生態学センター)協会に加入.
1988(昭63)年 日本応用動物昆虫学会より合併についての申し入れ.
(1995年,両学会の合併は不成立)
2017(平29)年 一般社団法人へ移行

会員構成(2018年6月末現在)

名誉会員 10
国内正会員 825
若手正会員 16
学生正会員 190
海外正会員 14
団体会員 34
賛助会員 3
寄贈会員 3
合計 1,094

日本昆虫学会名誉会員

上野 俊一
桐谷 圭治
三枝 豊平
齋藤 哲夫
笹川 満廣
平嶋 義宏
森本 桂
保田 淑郎
安富 和男
湯川 淳一
(2017年9月13日現在)(五十音順)

日本昆虫学会役員名簿

理事

代表理事
秋元信一
副代表理事
野村周平
庶務担当理事
吉澤和徳、鈴木誠治
会計担当理事
大原昌宏
編集理事(英文担当)
広渡俊哉
編集理事(和文担当)
阿部芳久
編集副委員長
大原昌宏
大会理事
小西和彦、山岸健三

代議員

北海道地区
吉澤和徳、大原昌宏
東北地区
中村剛之、塘 忠顕
関東地区
矢後勝也 、神保宇嗣 、野村周平 、石川忠 、渡辺恭平、岩田隆太郎 、久保田耕平 、深津武馬 、寺山守
東海地区
河野勝行、岸本年郎
信越地区
東城幸治、四方圭一郎
近畿地区
杉浦真治、平井規央、松本吏樹郎、吉村真由美、八木剛 、後藤慎介
中国地区
竹松葉子、山中明
四国地区
吉富博之、小西和彦
九州地区
徳田誠、丸山宗利、大庭伸也、阿部芳久**、紙谷聡志
**印で示す当選者(阿部氏)は、会長候補者として選出されたため、会長に選任された場合には、「一般社団法人日本昆虫学会役員・代議員選挙細則」第1条の5に定めるところにより、代議員の当選は無効となり、次点者が繰り上がりの当選者となる。ここでは10票を得票した者が4名おり、阿部氏が会長に選任され、代議員当選が無効になった場合には、4名全員が代議員に当選となるが、阿部氏が会長に選任されなかった場合の4名中の順位は現時点では決定していない(2018.8.2現在)。